私の性奴隷二人のバイブ姿

今回は、熟女の由紀子と若い美女の真央のバイブ姿です。
それぞれにタイプの違う女ですが、それが私にとってかけがえのない女達です。
今までも、二人はとても仲が良いのです。
小説の中でも書きましたが、私が由紀子(佐恵子)を厳しく調教をしているときに、訪問してきた真央は驚き、失神しそうな由紀子に泣きながら抱きついたほどです。
由紀子と真央は、私を自分だけの「ご主人様」でなく「二人のご主人様」と思っているようです。しかし、前に書いたように本当の彼女達の心の深層までは分かりません。

その二人に、それぞれの心に秘めたライバル意識があるからこそ、お互いを高めることができるのでしょう。その成果の結果は自分自身を私の性奴隷として自覚し、ご主人様としての私を喜ばせることになります。
それは挿入であったり、フェラチオやそのほかの調教でも言えます。
例えば、二人並んで尻を向けさせ、バラ鞭を振り上げたときなど、挿入した膣の締め付けやそのときに発する声だったり、生々しい肉体についた傷痕も異なります。

由紀子の柔らかい肌についた痕は、はっきりと分かるように筋が浮き出るのに対して、真央の肌は弾力があり、あまり目立ちませんが、それが逆に私の加虐の心を奮い立たせるのです。このように由紀子と真央とで、様々な違いがあります。

ここに二人のまんこにバイブが刺さった写真があります。由紀子はしっかりとバイブが膣の中に収まり逝きそうになりながら快楽に耐えています。この写真の後は、歩かせるときにバイブを紐でくくってすぐに落ちないようにしていますが、歩く時は淫水で濡れ落ちないようにゆっくりと歩きます。
ときどき気持ちが良いらしく時々立ち止まっては、逝くのを堪えます。その顔が私は好きで、リモコンで感度を変えると身体を痙攣し、大きな乳房を揺らせ、爪先立ちで堪える姿に私のペニスは反り返りビンビンになります。

そして、真央には股縄を少しずらせて挿入させました。ピタリと太股を重ねています。乳房は由紀子のたわわに揺れ動くのに対して、真央の乳房は上を向き、はち切れそうです。
やはり、真央も由紀子のように、挿入しながら歩いていると濡れてきて逝きそうになる時があります。「ご主人様、真央は逝きそうです」といっても私は許しません。
その時の恨めしそうな顔が私は好きなのです。そんな真央を見て、もっともっと虐めようと思うのです。

2人を調教したとき、このスタイルで首輪にリードを着け、後手で縛り2人を同時に歩かせたときでした。先に由紀子が逝きそうになった時があります。ヨタヨタと歩きながら「あぁ、ご主人様、由紀子はもう我慢ができません、逝ってもいいでしょうか……」と聞くので、「由紀子、真央はまだ頑張ってるぞ、お前ももう少し頑張れ」と言い、由紀子の尻を鞭で叩きました。「は、は、はい……」と泣きそうな顔をしながら鞭の試練に耐えていました。その時の由紀子の割れ目からはまん汁が太股に垂れています。

しかし、私は後で気がついたのですが、真央は歩きながら逝っていたのです。
そのときは尿を漏らしながら逝ったのに私は気がつかなかったのです。
「なんで私に黙って逝ったんだ、真央……」という私の問いに、「はい、ご主人様、申し訳ありません、由紀子さんが逝きそうなのに耐えているのを見て、私も……と思いながら、つい……」と告白しました。
その証拠に真央の股間からは尿が漏れていました。
私に黙って真央が逝ったことの罰で、尻にしばらくは消えないほどバラ鞭を与えました。
「きゃあ!」と言い、由紀子の前で尿を漏らしながら逝く真央の尻は赤い痣がつきました。
このとき由紀子は放心して真央を見つめていました。
その後、しばらく歩かせた後で、私はソファに座り2人にフェラチオの奉仕をさせました。

勃起した私のペニスを、犬のように二人の愛奴の舌で舐めさせる行為にますますペニスは固くなってきます。お互いに譲り合い、由紀子が唾を垂らしながら亀頭をしゃぶり、真央は玉袋を吸い舐めます。交互に繰り返しているうちに、この刺激に耐えきれず、私は射精したくなりました。まず四つん這いになった由紀子を強引に抱き寄せ膣に挿入しました。「あん! ご主人様、嬉しいです!」と叫び、中に濃いのを少し射精した後で抜き、次は真央の丸い腰を抱き抱えて、全てを吐き出しました。

私は痺れながら真央の膣の中に性液をドクドクと流れ込むのを感じていました。
由紀子もそんな真央に興奮して、「ご主人様、由紀子も!」と言いながら私に抱きつき唇を重ねキスをしました。真央の前でこんな興奮した由紀子は珍しいことです。
「あん、由紀子さん、真央も逝きます!」と叫び形のいい乳房を震わせせ真央も逝きました。

このときの私は、この日の二人の性奴隷に満足していましたが、それ以上に由紀子と真央も同じでした。
その後で、私はベッドで二人の女を両手に抱きながら寝入っていましたが、ふと気がついたとき二人とも可愛い顔をして寝込んでいました。
その日はまさに「ソドム」の日となった一日となりました。


yukiko-kubiwaA

yukiko-kubiwaA

<ランキングに参加しています>

<↑応援をお願いします!>

< ↓暖かい拍手もよろしくお願いします!>
スポンサーサイト
[PR]

二人の性奴隷のフェラチオ・テクの比較

前回は、2人の性奴隷の挿入についての私の感じ方を書きましたが、今度はフェラチオの比較について述べてみたいと思います。

それぞれ人間と言うものは、その個性あるいは性癖などによって、そのテクニックも異なり、まさに私の性奴隷の由紀子と真央についても、そのことが言えます。

由紀子については、長い間私の性奴隷として尽くしてきただけに、それなりのテクニックを身に付けています。フェラチオにおいて、じわじわと私を官能の渦に引き連れていくように、舐め、しゃぶり徐々に最高に達した時に射精に導くようにしています。しかし、それだけではなく、自らも楽しむようにしているのはさすが、仕事場で女たちを率いるベテランとしての貫禄でしょうか。(小説「俺のM女……」の中で佐恵子として登場)

私をすぐに射精に導くのではなく、ペニスを大きな乳房に挟んだり、ゆっくりと楽しむようにしゃぶり、舐めて私を悦楽の園に誘います。私が絶頂に達し、亀頭がピクピクと波打った頃を見計らって、(ご主人様、由紀子の膣に入れてもよろしいでしょうか……)と伺いを立てます。
私が(おぉ、いいぞ、さあ跨いで入れろ……由紀子)と言うと、それを待っていたかのように股を大きく開いて私を向かい入れます。騎乗位のスタイルで陰部が私と重なると、ズブズブと私のペニスが由紀子の膣の中にめり込んでいきます。
締め付ける由紀子の膣圧で私はしびれそうになります。
そのときの由紀子は甘い声をだし、身体で反応するたびに大きな乳房が妖しく揺れ動きます。「ご主人様、由紀子は幸せです。これからも………」
髪を乱しながら感じている由紀子はその後の言葉が出ません。

私は締め付ける由紀子の膣の締まりに耐えきれず、ついに膣の中にドバドバと射精するのです。そして由紀子は私の体の上に崩れ落ちます。私は由紀子を抱きながら「これからも、その後は何かな?」とわざと知らないふりをします。
「ご主人様の意地悪、これからも可愛がってください、と言うことです」と恥ずかしそうにいいます。

次に、真央の場合ですが、彼女の場合には由佳子の時とは少し違います。真央は若いだけにそのエネルギッシュに圧倒されてしまいます。フェラチオのテクは由紀子には敵いませんがそれなりに尽くします。例えば、ペニスの竿以外にも陰嚢を吸い込んだり、その周りや、アナルまで温かい舌を心行くまで這わせます。思わず私が逝きそうになり「おいおい、真央、もう少し楽しましてくれ」と言います。

「は、はい、ご主人様、真央は夢中になってしまいました、ごめんなさい」と涙目になるのがいじらしいのです。「バカだな、泣くことなんかないんだよ」と私が言うと嬉しそうな顔をします。そんな真央の割れ目に指を這わせるとじっとりと濡れています。
その中に指を入れ、Gスポに触れ動かすとあの美しい顔を少し歪めるのです。
よく、映画などで女性が感動の頂点になった時、甘美な表情を浮かべますが、私の経験から言うと、どの女性も逝く瞬間にはそんな顔はしません。

さて、真央は逝くときには膣の中だけでなく、顔射をせがむときが少なくありません。「ご主人様、今日は真央の顔にお願いします」と恥ずかしそうにいます。私もこれが好きで、美しい顔の真央を私の白濁の精液で汚すことに喜びを感じるからです。

若い真央はそれだけで満足せずに、私に甘えた後で再び私を勃起させ膣への挿入を望みます。その時には甘えるように巧みに私を誘導し、自分から仕向けたようにしないのがさすがです。真央とのこの写真は、私が仰向けに寝て、真央が心を込めてフェラチオしている場面です。

このように私は二人の性奴隷を好きなように弄んでいますが、幸か不幸か二人共私から離れる気配はなく、絆はさらに深くなっていくような気がします。
そして、近々に三人で忘年会をした後で久し振りにホテルで調教ができると思うと、ペニスが勃起してくる私です。

          「性奴隷1/由紀子のフェラチオ-1」

yuki150

         「性奴隷1/由紀子のフェラチオ-2」

yuki150

         「性奴隷2/真央のフェラチオ-1」

yuki150


         「性奴隷2/真央のフェラチオ-2」

yuki150

<ランキングに参加しています>

<↑応援をお願いします!>

< ↓暖かい拍手もよろしくお願いします!>

二人の性奴隷の首輪付きリードの散歩

これらの写真は、二人同時ではありませんがご覧ください。
以前は、一緒に同時調教(小説「俺のM……」に記載済)をしていましたが、最近は、それぞれ(3人)が忙しいので個別に調教する場合が多いです。

私はこれらの写真のように、由紀子と真央の性奴隷を四つん這いでのリード引き散歩をさせるのが好きです。ソドムの映画の中に出てくるように、いかにも奴隷を飼育しているという満足感があるからです。
始めの頃は2人とも慣れていないので戸惑っていましたが、今はすっかり慣れています。
私が黙っていてもリードを右に引けば、右に曲がって歩き、左に引けば左に向かって歩きます。リードを少し強く引けばそこで止まります。

歩き方にも二通りあり、普通に膝をつけて床を歩く場合と、膝を床につけずに歩く場合があります。当然後者の方が歩く疲労度合いは多くなりますが、若い真央にはこれはよくさせます。由紀子は最近この格好がきついので膝をつけて歩かせています。

ただ、歩かせるだけでは面白くないので、時々リードを強く引くと首を締め付けられて苦しくなり苦悶の表情をしますが、私はその時の2人の顔を見るとなぜか勃起してしまいます。しかし、由紀子の方が辛抱強い気がします。ある時などは、由紀子は締められて漏らしながら逝ったことがあります。そういう点では由紀子の方がM度が強いかも知れません。

そしてこのスタイルで、なんといってもその醍醐味は歩かせながら背中や尻にバラ鞭を与えることです。ヒイヒイ言いながら尻をエロチックに振る様は、何とも言えず私を刺激させます。
この2匹の犬を同時にリードを引きながら、後ろから見る光景は圧巻です。ふっくらとしたいかにも熟女の由紀子の尻と、真央のピチピチした健康的な尻を同時に楽しめます。
ときどき、私は二人にマンコやアナルにバイブや蝋燭を入れます。そして感じながらヨタヨタと歩くその姿は私を更に興奮させます。
そして、やはりその後は、ご褒美としてバックでの挿入でしょう。

膣の締まり具合では、どちらかと言うとテクや感度が高いのは由紀子で、リードを引いて首が苦しくなると膣からマン汁を多く出し、逝く回数も多く、それは真央よりも私の性奴隷として尽くす経験なのかもしれません。しかし、真央の追随もあるので楽しみです。

私がバラ鞭を振り上げ、痛々しい赤痣がついた尻や背中を見ながらの性行為で、2人の女は歓喜の声を出して喜びます。先ほど言いましたように、その中での2人の締め付けの度合いはやはり違います。それを個性というか性癖というか、私はそれぞれの味を楽しんでいます。
熟女の由紀子の膣の締まりは、じわじわと中で濡れながら、自分もセックスを楽しむようにしています。逝くときの声は、高い声の真央とは違ってあまり高くなく、体を震わせ痙攣しながら逝きます。
それに比べて、真央の膣の締まりは内部で脈動するように小刻みに締め付け、甲高い声を発して逝きます。誰から見ても美しく若いのに、それを表面に出すことない真央ですが、私とのセックスの時には淫乱な女に変身します。
(私の小説「セクシャルな講義」のなかに、様々なテクニックが書いてあります)

二人のとき、尻を並べて交互にバック挿入したとき、その違いを楽しむことが出来ます。
そのとき悩むのは、どちらの膣で射精するかということです。少しだけ由紀子の中で出し、途中で抜いて真央の中に全てを吐き出したり、その逆もあります。当然、2人の尻と背中にはバラ鞭を与えてやります。やはり女の業というか、どちらが私の試練に耐えられるかという意識を持っているようです。その結果、お互いにしばらくは消えない痣が残ります。

単独の別の日に、セックスが終わった後にベッドで抱きながら真央に言うと
「ご主人様、(真央をスケベで淫乱な女になったな)なんて、恥ずかしいです、そんなこと言わないでください。でも、こんな真央を知っているのは世界中でご主人様だけですから」と恥ずかしそうに頬を染めます。またそれがとても可愛いと思う私です。

2人とも私に従順な女ですが、お互いに姉妹のように気を配りながらも意識してるが私にはわかります。例えば、挿入した時や、フェラチオの時など、どちらがご主人様である私に気持ち良くなってもらっているか、などです。
2人居るときには、そんな素振りをみせませんが、ひとりだけに時は本音を漏らします。
甘えた声で「ご主人様、私の方が気持ち良かったですか?」と。
そのときの私は適当に応えていますが、決めつけることは出来ません。

2人はお互いに気にしているのか、最近は同時にすることが少なくなったのもその一因かもしれませんが、私としては寂しい気持ちがします。

調教の時には私は手を抜きませんが、スケジュールは2人に任せてあります。
単独にするか、同時調教するか、しかし私としては2人同時の方が興奮します、いくら仲が良い姉妹奴隷といっても、性奴隷としてはライバルですから。


yukiko100Z

yukiko100Z


yukiko100Z

yukiko100Z

yukiko100Z

yukiko100Z

<ランキングに参加しています>

<↑応援をお願いします!>

< ↓暖かい拍手もよろしくお願いします!>

先日、真央を調教したとき


この日、いつものように真央を調教しました。
彼女はとても喜んでいました、この美貌ですから言い寄ってくる男はいますが、体よく真央は断って、私一途の女になっています。勿論、誰も真央をM女だと言うことは知りません。

私に尽くすこと、それを私が特に抑制させているわけではありませんが、真央の心がそう決めたようです。可愛い女です、とは言っても私の調教のレベルがそれで変わることはありません。

さて上の画像は 、いつもの四つん這いで歩かせた後でご褒美のフェラチオをさせてあげました。私は手にワイングラスを持っています。
真央の美貌とエロさに珍しく興奮し、私の亀頭の先からガマン汁が出ているのがおわかりでしょうか。真央はそれを舌で受け、美味しそうに舐め取り、その後で亀頭の先をゆっくりと舐め回します。

最近上手くなった真央の舌のテクで私は痺れそうになります、亀頭は固くなり、膨脹し真央の口のなかで大きく膨らんできます。私は真央に聞きました。
「どうだ、真央、ご主人様の味は……」
「はい、とても美味しいです、真央の大切なエキスになり、明日からの生き甲斐になります」と嬉しいことを言います。

だからといって調教の手加減をする私ではありません。
私のガマン汁を舐め取らせた後は、私の聖水を飲ませました。
口をおおきく開けさせ、一滴も零さずに飲み干すのです。
黄色の液体が、真央の可愛い口から少し漏れ、唇に垂れそうになると慌ててそれを舐め取ります。
その顔の嬉しそうなこと……。

下の写真は、犬の状態で部屋を歩かせ、浴室に這い上がるところです。
この状態でマンコが濡れて、太股まで垂れています。
その後で、ファッキングをしてあげました。

甲高い声を出し、「逝きます! あん、もう駄目です!」と叫び幾度も痙攣しながら果てました。
私は堪らずに若い性奴隷の髪の毛を掴みながら、激しく膣のなかへ射精しました。
私の精液が、ドクドクと愛奴の身体の中に染みこむように浸透していく至福の瞬間です。

真央は若いだけに一度覚えると、膣の締まりが良くなってきました。
私が教えたアドバイスを、仕事をしても、プライベートでも忠実に実行しているようです。
私がそれを真央に聞いてみると、
「だって、真央はご主人様の飼い猫ですもの、いつでもご主人様が真央の身体の中に入ってきたときに、気持ち良くなって欲しいからです」と言う真央がいじらしいと感じる私です。

この日、由紀子と一緒に調教する予定でしたが、由紀子は都合があり来れなくて「残念ですが、真央ちゃんを可愛がってあげてください」とのことです。


mao208C

mao212.

<ランキングに参加しています>

<↑応援をお願いします!>

< ↓暖かい拍手もよろしくお願いします!>

♡ 私の性奴隷・真央とのこと ♡

3枚の写真で、一番上は前の写真と同じ場面ですが、少し角度を変えて撮したものです。
このほうがいくらか真央の顔が分かるかと思います。
ご覧のように真央は美しい女です、私が出会った中で一番美しい女です。
でも、真央の良いところは控えめで、それを表面に出さないところです。
往々にして、綺麗な女はそれを出すのが多い中で、そういうところで私は真央を気に入っています。

前にも言いましたが、私は面食いではありませんが、顔と言うよりも真央の気持ちが好きです。由紀子と一緒に調教したときでも差別はしません。真央は、それが嬉しいと言います。

2枚目は、バイブをいれたまま正座をさせたところです。背中がとても美しいですが、この背中や尻に調教でバラ鞭を与えてやると痣が出来、それが嬉しいと真央は言います。
そのバラ鞭に耐えているときの真央は美しい顔を歪めますが、それが私のペニスを勃起させます。

3枚目は、調教が一段落した後でのバック挿入です。この時ばかりは、真央は歓喜の声をあげて悶え狂います。
「もう駄目です、逝きたいです! ご主人様、逝かせて下さい!」と哀願するので、あまり我慢させるのも可哀想と思い、私は逝くことを許します。

そのとき、尻を手やバラ鞭で叩きながらペニスをグイグイと押し込むと、絶頂を向かえ膣を締め付けるので、さすがの私も真央の膣の中に思い切り数回は射精をします。ドクドクと私の精が真央の身体の中に注ぎ込まれる瞬間です。

(皆様の多くの拍手、ありがとうございました、感謝です、これからも由紀子と真央の画像をお見せしますのでよろしくお願い致します)

追記!
私の投稿小説の「茶道教室の性奴隷」その3を更新しました。ご覧下さい。


p70p2

p70p2

p70p2

<ランキングに参加しています>

<↑応援をお願いします!>

< ↓暖かい拍手もよろしくお願いします!>
ご注意
ご注意! このブログは肖像権の保護等に関して、個人的な内容を含んでいますので、全ての画像及び文章のコピー、転載を禁止致します。 また、青少年に不健全な内容になっていますので、18歳以下の人は直ちに退場して下さい。
♡ SMハード ♡
★  AV女優  ★
  ★ 私の小説集・その2

★ その3を更新しました!★
★ 3回目更新中 ★ 
★ 4回目更新中 ★ 
別荘で女達… ★更新中
家政婦がSM奴隷に…
娘と母娘を★2回目更新中
時代を超越した官能の世界 
セックス産業の女達 
教授夫人 ★2回目を更新中
人の生と性、悟りの極意  
江戸で繰り広げる猥談 
美しい人妻が愛と性に… 
エロス&SMが満載!
私の性奴隷・由紀子&真央

由紀子の鼻と乳房にリング

若い性奴隷・真央

バイブを挿入された真央

由紀子の背中

ラブホテルの窓際で

缶を挿入された由紀子

顔射の由紀子

鼻吊り由紀子

風呂場でお漏らし

フェラチオする由紀子

まんこ丸出しの由紀子
プロフィール

だんおにはち

Author:だんおにはち
「私の性奴隷調教日記」へようこそ!
だんおにはちと申します。このブログで私の性奴隷の「由紀子」と「真央」との調教の様子を画像と文章で綴っていきます。その他、今までに私が調教した女性や、一般的なSMに関することも掲載します。

私の性奴隷・由紀子

ディルドで逝く性奴隷

すべて丸見え

性交中の由紀子へ中だし

後ろ手縛りの由紀子
最新記事
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1656位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
64位
サブジャンルランキングを見る>>
↑ ランキングについて
アダルトは約18万6000あり、 そのうちのSM関係のブログ数は役4800あります。 (このブログの結果を上に表示) ブログランキングは右上の「SMランキング(全部で3715件)」で確認できます。 (クリックするとそこへ飛びます) わたしはおよそ30位に位置しています。
カテゴリ
月別アーカイブ
私の「エロエロ画像の部屋」


↑ 私の「画像の部屋」を開設しました。エロス、SM等画像が満載です。随時、追加します。
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
★ お勧めサイト ★ 

M女の隠れ家 let sm
Lets Enjoy Bondage
SM生活応援オーケストラ
こだわり緊縛美の世界
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
←応援をお願いします!
♡ 私の性奴隷特選画像 ♡
★ SM画像集 ★
★ 私が書いた投稿小説集 ★
ペンネームは「官能小説家」です。 是非、お立寄りください。



27編の私の小説があり、「俺のM女調教日記」は約16万回の閲覧があります。
  ★  私の小説 ★

「俺のM女調教日記」 27話を更新中!
「母娘を同時に調教」 更新中
「社内でのエロ談義」 更新中
「美しい母が性奴隷」 更新中
性的な特別講義 https://
人妻達の性春の会話
エロス満載 ★更新中
淫乱性奴隷女の記録
秘密クラブの実態を暴く
可憐な姉妹の性的なご奉仕
エロス&SMが満載!
検索フォーム
わたしの性奴隷

大股を開いた由紀子

パンツの下には太いバイブが

 まんこに刺さったバイブ

ディルドをはめて歩く由紀子
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブロとも一覧

M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

【乳首動画検索】 乳首博物館 Nipple Musium 乳头博物馆 유두박물관

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

最下層奴隷 泉

愛の短歌

kaede's Room Annex

Kaede's Room

Lets Enjoy Bondage

SM性活応援オーケストラ
懐かしSM雑誌とAV女優
愛奴調教図鑑

SMマニア

SMフォト全集

マニア倶楽部

志村玲子

川上ゆう S&M スナイパー

緊縛五輪書

風間ゆみ

菊池えり

谷ナオミ

麻吹淳子

紫 彩乃

長谷川美紅

悦虐愛奴館

悦虐コレクター

コレクター

QRコード
QR